今月のおうた
Share |


まほらまと写真館

 

支援会員制度

まほらまと写真館


國體護持塾 塾生ブログ



緊急勅令を體して

平成23年3月11日に発生しました東日本大震災により
亡くなられた方々につつしんで哀悼の意を表するとともに、被災者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。
國體護持塾では被災地復旧への支援に
出来る限り取り組んで参る所存です。
何卒ご協力ご支援いただけますよう、
よろしくお願いします。

 

國體護持塾 塾生一同

 

國體護持総論 萬葉一統 増補版公開
【日本人必読】日本の経済復興/自立再生の決定版
平成24年8月公式サイト先行公開

 


お知らせ〈最新情報〉 RSS

 

平成29年

・10.15 千座の置き戸「第八十五回 井上達夫の憲法論」

・10.01 千座の置き戸「第八十四回 丹後国風土記」

・09.15 千座の置き戸「第八十三回 防衛機序」

・09.03 緊急提言「典範奉還」

・09.01 千座の置き戸「第八十二回 日本とハワイ」

・08.15 千座の置き戸「第八十一回 第一権力」

・08.01 千座の置き戸「第八十回 中江藤樹」

・07.15 千座の置き戸「第七十九回 銀河鉄道の夜」

・07.01 千座の置き戸「第七十八回 立憲主義」

・06.15 千座の置き戸「第七十七回 略奪資本主義」

・06.01 千座の置き戸「第七十六回 ゾンビ憲法」

・05.17 緊急提言「日弁連訴訟」資料公開

・05.15 千座の置き戸「第七十五回 武士道と騎士道」

・05.01 千座の置き戸「第七十四回 薬漬け その二」

・04.15 千座の置き戸「第七十三回 厠と河原」

・04.01 千座の置き戸「第七十二回 典範奉還」

・03.15 千座の置き戸「第七十一回 経世済民」

・03.01 千座の置き戸「第七十回 テロの行方と国際血盟団 その二」

・02.15 千座の置き戸「第六十九回 緊急勅令と憲法停止」

・02.01 千座の置き戸「第六十八回 賭博依存症」

・01.15 千座の置き戸「第六十七回 本家祭國」

・01.01 千座の置き戸「第六十六回 祭祀の心」

 

 

 

最新情報ページへ

日本再生への提言
全国各地で配付協力をお願いします



5分でわかる!真正護憲論(新無効論)

今後のみすまる予定

 

  國體護持塾では「勉強会」や「研究会」また「講 演会、講習会」のことを「みすまる」とよびます。

 まほらまとの実現には、単に集まって終わるという 集まりではなく、集まって収まることが必要と考え ますので、天照大神さまの「御統の珠」(みすまる のたま)の「みすまる」(収束)という言葉を使い ます。


平成23年11月29日 帝国憲法記念にて

「第二回まほらまと祭」の動画

写真集/動画


今後のみすまる予定へ

いはゆる「保守論壇」に問ふ ‹其の十二›領土問題と拉致問題

 

 

 昭和31年の日ソ共同宣言は、日ソ間の戦争状態を終結させたもので、これは交戦権(戦争権限)のない占領憲法を根拠として締結されたものではなく、帝国憲法第13条の天皇による講和大権によつて締結されたものであることは自明のことである。

 戦争状態を終結させたとしても、それは戦争を終結したことではない。戦争の終結は、戦争によつて引き起こされたすべての事象を最終的に解決するための平和条約の締結によつてなされる。

 つまり、日ソ共同宣言は入口条約であり、昭和48年の日ソ共同声明、平成5年の東京宣言や去る12月16日の安倍首相とプーチン大統領との日ロ首脳会談などは、最終講和に向けての中間交渉ないしは中間条約に過ぎないのである。

 日ソ共同宣言は、我が国が泥棒国家連合の国際連合に被害国である我が国が国際社会への復帰との名目で加盟するためのもので、以後において平和条約(最終講和)が締結された場合に、歯舞、色丹を引き渡すことが約束されたが、国際法上我が国の領土である千島全島と南樺太の返還は、最終講和によつてその時期と方法が決定するといふことである。つまり、少なくとも平和条約締結時に、まづその一部である歯舞と色丹が直ちに返還されるといふ意味なのである。

ところが、占領憲法が憲法であると臣民を欺して洗脳し続けた敗戦利得者の政治家、官僚、学者どもが、「固有の領土論」を持ち出して、四島だけの返還を求めることによつて今日に至つてゐるのである。四島返還に限定する主張をした段階で、我が国はすでに講和交渉に敗北してゐるのであつて、・・・

 

続きを読む

自立再生論【連載】千座の置き戸(ちくらのおきど)

 

第八十五回 井上達夫の憲法論


うけうりの あたましかなき をこのもの ひとかどよそふ ふりぞあさまし
(受け売りの頭脳しか無き痴の者(学者)一廉装ふ振りぞ浅まし)

 平成27年11月29日の朝日新聞に、長谷部恭男と杉田敦の対談「平和主義守るための改憲ありえるか」の記事が掲載された。
11月29日と言へば、帝国憲法の「憲法記念日」なのであるが、よくもこんな日に長谷部は妄言を吐いたものである。

それは、こんな妄言である。

「法律の現実を形作っているのは法律家共同体のコンセンサスです。国民一般が法律の解釈をするわけにはいかないでしょう。国民には法律家共同体のコンセンサスを受け入れるか受け入れないか、二者択一してもらうしかないのです。」

 他にもいろいろと話してゐるが、つまり、長谷部恭男は、エリート集団である法律家共同体で決めたジャーゴンによる密教的解釈に国民は従ふ義務があり、国民は素直に日本語の常識で読んではいけないと命令して自らの憲法解釈を押しつけるのである。
これは、憲法解釈権は、主権者とされる国民に帰属することを否定する自家撞着の妄言に他ならない。

 国民主権を語りながら、憲法解釈権を国民主権から除外して寡頭制を敷く。とんだお笑いぐさ・・・

 

続きを読む


児童相談所による児童拉致事件訴訟


緊急提言:子宮頸がんワクチンの危険性

平成22年7月23日緊急提言
子宮頸がんワクチンの危険性、公開質問状を公開



全国護国神社ナビ


ネットラジオ番組「くにからちもり」

世界を救う!自立再生社会実現技術のご紹介


日本国憲法無効宣言 占領憲法の正體


うけひのもり


まほらまと


写真募集


おうた募集





  個人情報保護方針  御利用規約