今月のおうた
Share |


まほらまと写真館

 

支援会員制度

まほらまと写真館


國體護持塾 塾生ブログ



緊急勅令を體して

平成23年3月11日に発生しました東日本大震災により
亡くなられた方々につつしんで哀悼の意を表するとともに、被災者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。
國體護持塾では被災地復旧への支援に
出来る限り取り組んで参る所存です。
何卒ご協力ご支援いただけますよう、
よろしくお願いします。

 

國體護持塾 塾生一同

 

國體護持総論 萬葉一統 増補版公開
【日本人必読】日本の経済復興/自立再生の決定版
平成24年8月公式サイト先行公開

 


お知らせ〈最新情報〉 RSS

 

平成28年

・10.01 千座の置き戸「第六十回 竹田恒泰の憲法論」

・09.15 千座の置き戸「第五十九回 小林節の憲法論」

・09.01 千座の置き戸「第五十七回 米定憲法」

・08.29 選挙無効訴訟提訴の判決文掲載

・08.15 千座の置き戸「第五十七回 革命思想」

・08.06 いはゆる「保守論壇」に問ふ<其の十一>更新

・08.01 千座の置き戸「第五十六回 共産党と憲法無効論」

・07.15 千座の置き戸「第五十五回 テロの行方と国際血盟団」

・07.01 千座の置き戸「第五十四回 橋下徹と憲法無効論」

・06.15 千座の置き戸「第五十三回 石原慎太郎と憲法無効論」

・06.01 千座の置き戸「第五十二回 選挙無効訴訟」

・05.20 選挙無効訴訟提訴の報告会見の御案内

・05.15 千座の置き戸「第五十一回 日本会議の憲法論」

・05.01 千座の置き戸「第五十回 小沢一郎と憲法無効論」

・04.15 千座の置き戸「第四十九回 安倍晋三と憲法無効論」

・04.01 千座の置き戸「第四十八回 経済と政治」

・03.15 千座の置き戸「第四十七回 グローバルなもの」

・03.01 千座の置き戸「第四十六回 立憲主義と法的安定性」

・02.15 千座の置き戸「第四十五回 京都市長選挙」

・02.01 千座の置き戸「第四十四回 まごころ」

・01.15 千座の置き戸「第四十三回 敗戦利得者」

・01.01 千座の置き戸「第四十二回 おかげさま」

 

 

最新情報ページへ

日本再生への提言
全国各地で配付協力をお願いします



5分でわかる!真正護憲論(新無効論)

今後のみすまる予定

 

  國體護持塾では「勉強会」や「研究会」また「講 演会、講習会」のことを「みすまる」とよびます。

 まほらまとの実現には、単に集まって終わるという 集まりではなく、集まって収まることが必要と考え ますので、天照大神さまの「御統の珠」(みすまる のたま)の「みすまる」(収束)という言葉を使い ます。


平成23年11月29日 帝国憲法記念にて

「第二回まほらまと祭」の動画

写真集/動画


今後のみすまる予定へ

いはゆる「保守論壇」に問ふ ‹其の十一›「核保有権」及び「核報復権」の宣言-広島と長崎から世界に向けて-

 

 

「原爆の日」が今年も巡つてきたが、一体いつまで、被爆都市とか被爆国といふ被害者意識のみを発信し続けるのか。
 広島、長崎の原爆の日が毎年やつてきて、被爆の恐怖と悲惨さを訴へ、非核宣言を虚しく発信し続けたとしても、非核世界が実現するとは誰も思つてゐない。この偽善の繰り返しにより、核廃絶どころか、核軍縮すら実現せず、逆に核拡散をもたらしてゐる。
 
 これまでのやうな被害の発信だけでは政治的に全く無力であることを冷静に受け止めることと、原爆の歴史的事実を伝へ続けることとは全く別の問題であるが、このやうなことを述べれば、偽善者たちは感情的に直ちに反発する。
 
 しかし、オバマが広島に来て、被爆者と抱き合つたイベントを行つても、その後に何らの変化もない。そもそも、アメリカの核の傘にすがりながら、被爆国だからといふ立場だけで核廃絶を唱へる。これほどの矛盾があらうか。世界の為政者の誰がそんな矛盾した我が国の屁理屈に耳を傾けることがあるのか。偽善者が誇らしげに行ふ原爆の日のセレモニーの虚しさを多くの人が感じてゐる理由がここにある。
 
 どんな悲惨な事実でも、世代を重ねれば忘却するのが人の常であり、今や被爆国といふだけで・・・

 

続きを読む

自立再生論【連載】千座の置き戸(ちくらのおきど)

 

第六十回  竹田恒泰の憲法論


ななひかり はぢらひもなく えらがるは えのぬけおちた こえひさごなり
(七光り恥じらひもなく偉がるは柄の抜け落ちた下肥瓢なり)
あとつぎが ちすぢのよさを はなにかく しぐさみるおや いかでをさむや
(跡継ぎが血筋の良さを鼻に掛く仕草見る親如何で収むや)

 前回(第五十八回)では小林節氏について述べましたが、今回はその弟子でそのカバン持ちであつた竹田恒泰氏についてです。

 私は、紀子殿下ご懐妊の報に接したころ、ワールドフォーラムの主宰者であり、私の真正護憲論の熱烈な支持者であつた、今は亡き佐宗邦夫(邦皇)氏から、私と竹田恒泰氏との対談の企画を進めたいとの話があり、私はそれを承諾したことがありました。
ところが、佐宗氏曰く、竹田氏としては、親王か内親王かいづれがお生まれになるのかが不明な状況で、男系男子の皇統のことや占領憲法のことについて討論することは避けたいといふ意向なので、この企画は見送らざるを得なくなつたといふことでした。
私も佐宗氏も、どうしてこの時期にできないのか、この時期だからこそする必要があるのにと思つて、拒絶される理由に全く納得できなかつたのですが、佐宗氏が鬼籍に入つてしまつたので、その後これ以上の進展はありませんでした。

 竹田氏はこれまで一度も会つたことがない人ですから、どんな考へなのかその真意のほどは判りませんが、世の中には、旧皇族の地位を利用して、その血筋をひけらかし、・・・

 

続きを読む


児童相談所による児童拉致事件訴訟


緊急提言:子宮頸がんワクチンの危険性

平成22年7月23日緊急提言
子宮頸がんワクチンの危険性、公開質問状を公開







  個人情報保護方針  御利用規約