今月のおうた
Share |


まほらまと写真館

 

支援会員制度

まほらまと写真館


國體護持塾 塾生ブログ



緊急勅令を體して

平成23年3月11日に発生しました東日本大震災により
亡くなられた方々につつしんで哀悼の意を表するとともに、被災者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。
國體護持塾では被災地復旧への支援に
出来る限り取り組んで参る所存です。
何卒ご協力ご支援いただけますよう、
よろしくお願いします。

 

國體護持塾 塾生一同

 

國體護持総論 萬葉一統 増補版公開
【日本人必読】日本の経済復興/自立再生の決定版
平成24年8月公式サイト先行公開

 


日本再生への提言
全国各地で配付協力をお願いします



5分でわかる!真正護憲論(新無効論)

今後のみすまる予定

 

  國體護持塾では「勉強会」や「研究会」また「講 演会、講習会」のことを「みすまる」とよびます。

 まほらまとの実現には、単に集まって終わるという 集まりではなく、集まって収まることが必要と考え ますので、天照大神さまの「御統の珠」(みすまる のたま)の「みすまる」(収束)という言葉を使い ます。


平成23年11月29日 帝国憲法記念にて

「第二回まほらまと祭」の動画

写真集/動画


今後のみすまる予定へ

いはゆる「保守論壇」に問ふ ‹其の十一›「核保有権」及び「核報復権」の宣言-広島と長崎から世界に向けて-

 

 

「原爆の日」が今年も巡つてきたが、一体いつまで、被爆都市とか被爆国といふ被害者意識のみを発信し続けるのか。
 広島、長崎の原爆の日が毎年やつてきて、被爆の恐怖と悲惨さを訴へ、非核宣言を虚しく発信し続けたとしても、非核世界が実現するとは誰も思つてゐない。この偽善の繰り返しにより、核廃絶どころか、核軍縮すら実現せず、逆に核拡散をもたらしてゐる。
 
 これまでのやうな被害の発信だけでは政治的に全く無力であることを冷静に受け止めることと、原爆の歴史的事実を伝へ続けることとは全く別の問題であるが、このやうなことを述べれば、偽善者たちは感情的に直ちに反発する。
 
 しかし、オバマが広島に来て、被爆者と抱き合つたイベントを行つても、その後に何らの変化もない。そもそも、アメリカの核の傘にすがりながら、被爆国だからといふ立場だけで核廃絶を唱へる。これほどの矛盾があらうか。世界の為政者の誰がそんな矛盾した我が国の屁理屈に耳を傾けることがあるのか。偽善者が誇らしげに行ふ原爆の日のセレモニーの虚しさを多くの人が感じてゐる理由がここにある。
 
 どんな悲惨な事実でも、世代を重ねれば忘却するのが人の常であり、今や被爆国といふだけで・・・

 

続きを読む

自立再生論【連載】千座の置き戸(ちくらのおきど)

 

第六十四回 薬漬け


 

めしうどに のませつづけし やまひだね くすとあざむく ひとやのつかさ
(囚人(収容者)に飲ませ続けし病種(毒)薬と欺く人屋の司(刑務所、施設、病院))
 
 精神障害とされるものには、重度のものから軽度のものまで様々なものがあるとされてゐる。精神性障害(精神病)、統合失調症、うつ病や双極性障害(躁うつ病)などの気分障害、薬物依存症などの物質関連障害、適応障害や社会不安障害などの不安障害、自閉症やADHD(注意欠如・多動性障害)などの発達障害、睡眠障害などといふやうに、臨床心理学などの「発達」とともに、多種多様の「障害」の類型が大量生産されてきた。
 そして、その「障害」の大量生産を支へるものは、精神医療産業による多種多様な向精神薬とその大量生産であり、それを精神科と心療内科を先兵として、患者に大量消費させる構造である。
 向精神薬とは、精神に作用する薬の総称である。その中には、統合失調症などの治療剤とされる抗精神病剤や、うつ病の治療剤とされる抗うつ剤、躁病の治療薬とされる気分安定剤、不安障害を改善するとされる抗不安剤、精神活動を高めるとされる精神刺激剤など多くの種類があり、主として、精神科や心療内科で処方されてゐる。・・・

 

続きを読む


児童相談所による児童拉致事件訴訟


緊急提言:子宮頸がんワクチンの危険性

平成22年7月23日緊急提言
子宮頸がんワクチンの危険性、公開質問状を公開







  個人情報保護方針  御利用規約