今月のおうた
Share |


まほらまと写真館

 

支援会員制度

まほらまと写真館


國體護持塾 塾生ブログ



緊急勅令を體して

平成23年3月11日に発生しました東日本大震災により
亡くなられた方々につつしんで哀悼の意を表するとともに、被災者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。
國體護持塾では被災地復旧への支援に
出来る限り取り組んで参る所存です。
何卒ご協力ご支援いただけますよう、
よろしくお願いします。

 

國體護持塾 塾生一同

 

國體護持総論 萬葉一統 増補版公開
【日本人必読】日本の経済復興/自立再生の決定版
平成24年8月公式サイト先行公開

 


お知らせ〈最新情報〉 RSS

 

平成29年

・12.15 千座の置き戸「第八十九回 理性の限界」

・12.01 千座の置き戸「第八十八回 議会請願訴訟」

・11.29 典範奉還の要諦

・11.15 千座の置き戸「第八十七回 三人組の憲法論」

・11.01 千座の置き戸「第八十六回 篠田英朗の憲法論」

・10.25 真正護憲論の概説書公開(PDF版)

・10.15 千座の置き戸「第八十五回 井上達夫の憲法論」

・10.01 千座の置き戸「第八十四回 丹後国風土記」

・09.15 千座の置き戸「第八十三回 防衛機序」

・09.03 緊急提言「典範奉還」

・09.01 千座の置き戸「第八十二回 日本とハワイ」

・08.15 千座の置き戸「第八十一回 第一権力」

・08.01 千座の置き戸「第八十回 中江藤樹」

・07.15 千座の置き戸「第七十九回 銀河鉄道の夜」

・07.01 千座の置き戸「第七十八回 立憲主義」

・06.15 千座の置き戸「第七十七回 略奪資本主義」

・06.01 千座の置き戸「第七十六回 ゾンビ憲法」

・05.17 緊急提言「日弁連訴訟」資料公開

・05.15 千座の置き戸「第七十五回 武士道と騎士道」

・05.01 千座の置き戸「第七十四回 薬漬け その二」

・04.15 千座の置き戸「第七十三回 厠と河原」

・04.01 千座の置き戸「第七十二回 典範奉還」

・03.15 千座の置き戸「第七十一回 経世済民」

・03.01 千座の置き戸「第七十回 テロの行方と国際血盟団 その二」

・02.15 千座の置き戸「第六十九回 緊急勅令と憲法停止」

・02.01 千座の置き戸「第六十八回 賭博依存症」

・01.15 千座の置き戸「第六十七回 本家祭國」

・01.01 千座の置き戸「第六十六回 祭祀の心」

 

 

 

最新情報ページへ

日本再生への提言
全国各地で配付協力をお願いします



5分でわかる!真正護憲論(新無効論)


5分でわかる!真正護憲論(新無効論)

今後のみすまる予定

 

  國體護持塾では「勉強会」や「研究会」また「講 演会、講習会」のことを「みすまる」とよびます。

 まほらまとの実現には、単に集まって終わるという 集まりではなく、集まって収まることが必要と考え ますので、天照大神さまの「御統の珠」(みすまる のたま)の「みすまる」(収束)という言葉を使い ます。


平成23年11月29日 帝国憲法記念にて

「第二回まほらまと祭」の動画

写真集/動画


今後のみすまる予定へ

典範奉還の要諦

 

 

 ちちははと とほつおやから すめみおや やほよろづへの くにからのみち
(自父母及先祖以至皇祖皇宗及八百萬之神而國體之道也)

【慶応三年】

 平成二十九年の今年は、慶応三年(1867+660)の大政奉還から百五十年目にあたる。太陰太陽暦の慶応三年十月十四日に徳川慶喜が明治天皇へ大政奉還を上奏し、翌十五日に勅許され大政奉還が成立する。そして、同月二十一日に徳川慶喜が大政奉還を布告し、同月二十四日に、徳川慶喜が征夷大将軍を辞するといふ経緯を辿つた。
その大政奉還が上奏された慶応三年十月十四日の百五十年目が、太陽暦では今年の十二月一日である。

 この年は、孝明天皇崩御、明治天皇即位、坂本龍馬の暗殺、夏目漱石の誕生といふ年であり、ドイツでは、カール・マルクスの『資本論』第一巻が上梓され、英国では、ウォルター・バジョットが、後世において世界に影響を及ぼした『英国の国家構造』(The English Constitution)を上梓した年でもある。

【英国の国家構造】

 バジョットは、英国の国家構造が、王室の尊厳的部分(dignified parts)と議会や内閣の実践的部分(efficient parts)の二重構造になつてゐると主張した。・・・

 

続きを読む

自立再生論【連載】千座の置き戸(ちくらのおきど)

 

第八十九回 理性の限界


さかしらに おのがかなめと おごれども かげにおびえて とりみだすぬし
(賢しらに己が要と奢れども影に脅えて取り乱す主)

理性は、「自然の光」であるとしたデカルトは、理性万能の合理主義(Rationalism)を貫き、世界は、啓蒙主義といふ傲慢さで覆はれたのである。

 光(理性)のみを尊重し、影(本能、霊性)を否定したので、いはば、向日葵の花だけを見つめてきた。弁護士のバッチが向日葵であるのも、法律が合理主義の典型であることを物語つてゐる。

 しかし、光を求める向日葵の花を支へるのは、見えない土の中にある根である。根が強くなければ花を支へられない。根は、光の反対側の影の方向に延びて花を支へてゐるのである。

 ところが、この理性万能主義が行き詰まり、理性に限界があることについては、・・・

 

続きを読む


児童相談所による児童拉致事件訴訟


緊急提言:子宮頸がんワクチンの危険性

平成22年7月23日緊急提言
子宮頸がんワクチンの危険性、公開質問状を公開



全国護国神社ナビ


ネットラジオ番組「くにからちもり」

世界を救う!自立再生社会実現技術のご紹介


日本国憲法無効宣言 占領憲法の正體


うけひのもり


まほらまと


写真募集


おうた募集





  個人情報保護方針  御利用規約